毎日に乾杯を

25歳主婦の趣味ブログ。お酒にドライブ、本と映画も好き。

//映画 8.//「アイス・ロード」

こんばんは。

プライベートの色々で、記事の執筆からは遠のいてしまってました。

1ヶ月半ほどお休みしたので、また再開します。

 

**

 

ここひと月、時間はあったので週1〜2回のペースで、映画館へ行くことができていました。

それ以外では、Netflixでも何作か。

 

**

 

最近、劇場で観たのは、リーアム・ニーソンの新作、『アイス・ロード』。

 

f:id:madodonomado:20211118141956j:plain

 

レスキュー・エンターテイメント。

 

f:id:madodonomado:20211118140249j:plain

 

あらすじはこんな感じ。

 

爆発事故で、カナダの鉱山に閉じ込められた26人の作業員を救出するために、集められた4人のドライバー。

彼らは救出のため、氷の道「アイスロード」をドライブする。

この氷の道、走るトラックのスピードが速すぎてもその衝撃で割れてしまうし、速度が遅すぎればトラックの重さで氷が割れ、トラックは沈んでしまう。

一方で、鉱山事故の裏側には暗い陰謀が見え隠れする。

 

主人公マイクと、失語症を患う弟のガルディの兄弟愛も描かれ、ストーリーに奥行きをもたらします。

 

**

 

びっくりしたのが、来年70歳を迎えるニーソン氏、なんとほとんどCGを使わずにアクションシーンを撮影したとか。

 

f:id:madodonomado:20211118141907j:plain

 

だからアイス・ロードも本物だし、雪も本物。

ロケ地はカナダのマニトバ州、ウィニペグ湖。

 

f:id:madodonomado:20211118141622p:plain

 

**

 

タントゥー役の、アンバー・ミッドサンダーは、まだ24歳なんですね。

1997年生まれ。

 

印象的な黒い瞳が、とてもチャーミングな役柄。

 

f:id:madodonomado:20211118140933j:plain

 

渾身の、みずみずしい演技も見どころでした。

 

**

 

監督・脚本が、『アルマゲドン』を描き上げたジョナサン・ヘンズリー氏と言うことで、私も『アルマゲドン』が好きなので楽しみに劇場へ向かいました。

 

おすすめ度は、★★★☆☆くらいでしょうか。

陰謀の下りがやや執拗ですが、暇な時間、一人で観に行くにはちょうど良い映画でした。

ワクワク&ハラハラ、させてもらいました。

 

f:id:madodonomado:20211118142030j:plain

 

それでは、またです。