毎日に乾杯を

25歳主婦の趣味ブログ。お酒にドライブ、本と映画も好き。

//健康 3.//ワクチン接種2回目/モデルナ製ワクチン接種③

1.1回目の接種〜2回目接種24時間経過後、2回目接種24時間経過〜36時間経過まで

 

前回&前々回の記事で紹介しております。

よろしければこちらもご覧ください。

 

 

madodonomado.com

 

madodonomado.com

 

 

2.接種から2日後以降

モデルナ製のワクチン接種から2日後の朝。

5時半頃に、目が覚めるともう身体のだるさもなく熱も取れていました。

いつも通り、ウォーキングもできそうなほどに回復。

 

6時半頃に旦那さんを起こすと、まだ頭痛がする、とのこと。

月曜日でしたが、旦那さんは大事をとって休暇をいただき療養に努めることに。

熱や倦怠感はなく、起きるのがちょっときついほど頭痛だけ続くということで、解熱鎮痛剤のカロナールを再度服用してもらい、様子をみます。

 

**

 

午前9時頃、薬を飲んで安静にしていたおかげか、旦那さんの頭痛もだいぶよくなってきた模様。

 

起きてから少し経って気がついたのですが、私の方も目の奥に眼精疲労のような痛みを覚えます。

薬を飲むほどではないのですが、目を動かすと違和感や痛みがあります。

目の奥が痛む症状は、この日中続き、3日後の火曜日の朝になっても取れていませんでした。

 

**

 

接種から2日後の夜まで、旦那さんの頭痛もぶり返すことなく、いつも通り食事をとって入浴もできました。

運転や軽いウォーキングも問題なくできます。

 

ただこの後も、ジムに行って筋トレをするなどの激しめの運動は、接種後一週間ほどは控えます。

運動は疲れない程度のウォーキングのみ。

ワクチン接種後の激しい運動による心筋炎の発症で死亡するケースも実際にありますし、そのリスクも拭えないので。

 

3.まとめ、ワクチン事前準備すべきもの

1回目の接種は腕の痛み程度で終わったよ〜、という方でも、2回目の接種では発熱やその他諸症状が出るパターンが大半です。

 

2回目の接種の予約が取れたなら、

・解熱剤

・熱さまシート

・経口補水液やスポーツドリンク

この3つはマストでご用意されることをおすすめします。

発熱すると、本当に辛いです。

 

そしてできれば、

 

・湿布

→接種した部分に貼る用に。寝返りを打てないほど痛くなったりするので、痛みを和らげるのに効果的です。

・作り置きの食材

→我が家も常備菜を多めに用意しており、作り置きに助けられました。症状が落ち着いても、空っぽの冷蔵庫から料理されるのは大変です。多めに作って、冷凍しておくのも良いでしょう。

・簡単に食べられるもの

→おすすめはウィダーインゼリーです。お茶漬け、レトルト食品、冷凍食品などもあると良いでしょう。

・替えの枕カバーやシーツ

→発熱すると大量に汗をかきます。熱が落ち着いた隙に、清潔な寝具に取り替える用意があると、気持ちよく療養できます。

・長袖の寝巻きや毛布

→我が家では氷枕なども用意したのですが、それよりもどちらかというと寒気がひどいので、身体を温めるものが役に立ちました。

・好きな本や映画

→丸2日間ほどほとんど寝て過ごすので、暇な時間に読みたい本や観たい映画を用意しておくと、時間を潰すのに困らないです(笑)。

我が家は症状が落ち着いて、でも身体が痛くて起きれない、ベッドの上で過ごさなきゃいけない…という時間が結構あって。YouTubeをずっと観ていました(笑)。

 

上記6つのご用意もおすすめします。

 

以上です。

これから接種される方、どうかお大事になさってくださいね。

 

それでは、またです。